読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼は誰烏

彼は誰烏の学び場

せかいをつくるもの

実数(real number)という数がある。

f:id:mimelis249:20170305150538p:plain

 

これらは数直線上に存在する数である。そういう数を実数という。

f:id:mimelis249:20170306091321j:plain

16世紀、数は実際にあるもの、数直線上に表せるものと考えられていた。

 

この実数は、実数同士をかけると(2乗すると)必ず0以上になるという性質がある。

f:id:mimelis249:20170305151846p:plain

f:id:mimelis249:20170305151850p:plain

f:id:mimelis249:20170305151854p:plain

こんな感じに。

 

では、2乗するとマイナスになる数というのは考えられないか。

 

考えてみるんだけれども、これは実数直線上にその数を表すことができない。

なぜなら実数直線上に表すことのできる実数は、2乗すると必ず0以上になるからである。

つまり、2乗するとマイナスになる数というのは実数とは異なる数ということになる。

 

 

そこで、2乗するとマイナスになる数で、実数直線上では表せず実在しない数,想像上の数ということで、その数を虚数(imaginary number)と名付けた。

 

 

2乗するとマイナスになるということで、こう表してみる。

f:id:mimelis249:20170305154043p:plain

うんうん、2乗して、マイナスになっている。

 

書き直して

f:id:mimelis249:20170305155145p:plain または f:id:mimelis249:20170305155151p:plain

 

などと表す。

 

f:id:mimelis249:20170305155446p:plainf:id:mimelis249:20170306091008p:plainで表したのは、1770年頃スイスのレオンハルトオイラーが最初なのだそうだ。このf:id:mimelis249:20170306091008p:plain虚数単位という。

そのオイラーだけれども、実数直線上で表すことができない数(虚数)の存在を

不可能または想像された数 

 

 これらが0より大きくもなければ、小さくもないと考えるだろう。しかしながら、0そのものだとも言えない。だから不可能だと解しなければならない。

と言っている。

 

オイラーは「数学の至宝」といわれるオイラーの公式を生んだ人だ。

このオイラーの公式もめっちゃ面白いんだけれども、まだ理解がきちんとできていない。

 

そんな至宝といわれる数式を生み出したオイラー先生でも虚数をよくわからない存在と捉えていた。

 

虚数恐るべし。

 

 

 

しかしながら、この想像上の数 虚数が数として認め始められることになっていった。

それは1810年頃、カール・フリードリヒ・ガウスという人が複素平面を考えたことがきっかけだった。

 

この複素平面は数平面、複素数平面とかって書かれることもある。

 

 

 

デカルトが負の数,0,正の数を直線上に表したといわれているんだけれども、それと同じようにガウス実数直線の横軸に縦軸を描いて虚数を視覚化しようとした。

 

f:id:mimelis249:20170306094036p:plain  Wikipediaより

 

 

この複素平面がとっても面白い。

 

この平面の中で実数を表しているのが横軸

 

 

 

横軸だけ。

 

 

 

 

ちょっともう一度複素平面を見てみる。

 

f:id:mimelis249:20170306094036p:plain

 

横軸が実数。

それ以外は全て虚数だ。

 

 

すげぇ...。

 

実数より虚数の方が比べ物にならないくらいたくさんある(?)ことがわかる。

 

 

わたしたちが住む世界というのは実数に溢れているよりも、多くの虚数に溢れているのかもしれない。

 

 

実は、この虚数というのが物理学の量子力学を大きく発展させることになる。

 

想像上の数 虚数の存在を前提とすると、たとえば

 

光は粒子である

 

とかが分かった。

 

そこではじめて星が見えることが解明されたりするらしい。

 

 

この辺りはまだほとんど触れたことがないので、そうらしいということだけにしておく。

 

しかしながらそれ以外にも、エネルギーとか時間とか宇宙とかそういったものの解明に役立っているそうだ。

 

 

虚数すげぇ。

 

 

その反面、なんかよくわからないこともあるらしい。

やっぱり想像上の数を前提としているからなんだろうか。

 

そう、猫とか。

 

 

 

 

 

 

ちょっとお試しで書いてみたのでここまで。*1

 

 

 

*1:興味本位で書いてみているので、誤謬は教えていただけますとうれしいです。

 

3月に入って2日目で通信制限ひっかかってしまい、wifi環境整っていないことの苦しさを実感する日々です。

 

数独

今まで解いてたものより少しレベルを上げたものを解き始めた。

おそらく、先を読むということが必要なんだろうなあと思うことが多くなってきた。

数独の本を読みたいなと思いつつ、本を買うためのお金が少々捻出難しい。

 

HTML/CSS 

環境構築も同じく、進捗あまりない状態。

こちらの家に前いた時はwifi通ってたから今もあるだろうと思っていたのが失敗だった。

書籍を2冊ほど買って、読みつつ少しコード書いたりしている。

 

人のつながりで、もしかしたら2個ばかしお仕事をもらえるかもしれない。

やりながら学んでいけばいいよと言っていただけて本当にありがたい。

 

 

数学

少し前まで三角関数をやっていたけれど、オイラーの定理が再熱。

その影響で虚数も再熱。

待って...それで宇宙につながるの...となってしまい、ポアンカレ予想とかにも手を出し始めた。

 

 

論理

少し大きめの図書館に行く機会があり、そこでずっと気になっていた論理学を囓った。

なにこれおいしい...。

 

演繹的推論から蓋然的推論までの中に、記号化が行われて統一的に論じることができるようになったというところがとても面白かった。

 

言葉という曖昧な思考の媒体が、記号化によって明確化されるというのが、国語と数学といったような分野で分断されていたものが繋がる感覚があった。

 

 

内包と外延、共通の性質(意味)と対象の集合の関係が反比例しているというところも本当に面白くて、かつその内包と外延の相互関係で概念が進歩していくというのも、最近相互関係というのにとても興味があったので、また一つ素材を得られた。

 

うーん。まじで面白い。 

 

 

総評

仕事方面の進捗著しく乏しい。(主にwifiのせい)

(スタバとかファミマ行けばいいじゃないかとなるんだけれども、ここはそう、超田舎。交通費考えると吐血しそうなので引越した後、1ヶ月が大きな勝負になりそう)

しかしながら学び面白い。

 

 

 

 

 

何を得ようかな

 

離れて暮らしている父の家に京都へ行くまでの1ヶ月ちょっと移ることになったので、その間にやりたいことを書き出しておこう。

 

田んぼと山しかない田舎なのでゆっくり学べる時間が取れそう。

 

運動不足解消のためにもぽつぽつ歩いて写真もたくさん撮りたいな。

 

 

  • 数独を解きまくりたい
  • 数独」を数学するを読みたい
  • 徒然草を読む
  • 現代語訳する
  • HTML/CSSを覚える
  • 環境構築に手を出す
  • 貧困問題の本を読む(特に阿部彩さんの著書)
  • 外山滋比古さんの著書を読む
  • 虚数について調べる
  • 三角関数を学ぶ
  • 論理を学びたい
  • 何かひとつまとめのようなものを書きたい(思考をまとめる訓練)
  • 虫と格闘する
  • 数学ガール読む

 

 

 

適当に思いついたものを書いたのでばらばらしているけど、とにかくインプット量増やしたいなあと思っている。

 

そして先生から言われた方向性をしっかり考えろというのも考えておきたい。

 

思いはあるのだけれどそれをどう具体化しようか、と。

 

 

若干ではあるけれど、人生がどうなるんだろうという今までにないわくわく感がある。

 

 

 

よくわからないまま進路を人に言われるように決めてきたので、こうして自分が信じた道に行けることが楽しみなのだと思う。

 

 

もっとこれから生きる子たちが楽しめるような世界になればいいのにななんてことを思ってしまう。

 

そのために自分が生きれたらよいなとも思っている。

 

 

 

アウトプットしたいなと思いつつ、結局できていない状態があるのでなんとかしたい。

 

 

 

 

 

このペースを目標にしてみよう。

 

あちらこちらに意識が向かないように、その記事には次のテーマなども書いておこう。

 

 

今回はこれから作りたいなと考えていることのまずが現状把握からしようと思う。

 

テーマは子どもの貧困

 

 

もう少し問題意識を明確にしたいし、育てている親御さんの現状ももっと詳しく知りたい。

 

文章も具体的に書けるようにならないとな。

 

 

 

追記(2017.1.12)

 

具体的な文章を書くことがとても苦手なのではと思っていたけれども、

昨日あたりから読んでいた本に書かれたことを考えているとむしろ抽象化できてない、

そしてそれ以前に素材が足りなさすぎでは、と感じた。

 

素材が足りないはインプットが足りないに相等してる。

 

 

一週間で1テーマと思ったけれども、寝かせておきつつ、他にも手を伸ばすことの重要性を知ったので、特に縛りは設けずにうまく自分の中で出来上がりつつあったら出していこうかなと思う。

 

 

京都へ行くまで父の家に移ることになった。

 

母とはとことん性格も合わないらしい。

 

両親が高卒、家が貧乏、地方の田舎、などの条件で大学進学は厳しいというのを知って、実感した。

 

阿部彩さんの貧困関連の著書を読んだ時にこれは無理だな、と確信した。

もう少し早く読んでおけばよかったかもしれない。

 

予備校はとても厳しかったので2年目で塾に通ってみたが、自分の好奇心を埋めた方が点数の伸びがよく、試験向けの勉強が全く持って合わないことも大きかったかもしれない。

 

反抗心なく、勉強できていたら、よかったのかもしれない。

 

 

こうして書いているとただの愚痴になってしまうので、これからは自分の思うところをやはり進もうと思う。

 

 

環境が大きく人の道を左右することは確かであるのに、それを言い訳だとか言われてしまうのに納得がいかない。

 

 

変えれるのなら、とことん変えて、できる限りよい環境で過ごせる、生きていける人が増えるに越したことはないんじゃないかと思う。

 

 

その中で、自分が決めることができるか、とか動くことができるかとかの問題になってくるのではと思う。

 

 

 

経済的であったり距離的であったりにしても、問題が多すぎる環境はやはりよくない。

考えれるものも考えれなくなる。

 

 

それを変えたい。

 

 

 

進路を変えると決めてからここ1週間ちょっと、3年間ほど溜め込んでいたアニメを消化したりプログラミングに手をつけたり、繰り上がり繰り下がりについて進数から上手く面白い説明ができないかなど考えたりしていた。

 

 

まおゆうをずっと3話あたりから見ていなかったので見始めた。

冬アニメはクズの本懐、落語中心、戦国鳥獣戯画あたりが面白そう。魔法使いの嫁、歩けよ乙女も気になってる。

 

種田さんの声が、また聞けたらいいなあ。

 

 

プログラミングはUNIXから手をつけ始めた。

 

 

 

 

受験勉強の時に小学校レベルからやり直しを始めた際に、小学校の時に躓いたところをたくさん思い出し、書きなぐりでまとめておいた紙が出てきた。

少し見やすいようにこんな感じで途中までまとめた。

 

 

f:id:mimelis249:20161223201921j:plain

 

 

 

 

受験勉強中はこの躓きに向き合うことができなかったのでこの際、わからないところもとことん調べ尽くしたいなと感じてそれを見つつ本を読んでいる。

 

 

繰り上がり繰り下がりについて、進数から何かないかなと思い調べていた。調べ始めると知らないことだらけでとても面白く、そのうち脱線して東大の学術俯瞰講義で面白い授業をいくつか見つけて、そちらを見始めた。

 

 

 

Hello,twilight crows.

 

ずっと尊敬していた先生に先日お会いしてきた。

 

高校3年の時に国語を担当しており、学ぶことの楽しさにはじめて出会う機会を与えてくださった先生だ。

 

先生に会う前の数ヶ月間は学びたい気持ちを抑えて受験勉強をしていることがとても辛かった。

大学へ行こうと思い3年間ほど勉強してみたが、試験形態が全く合っておらず、先生からも今の受験に不向きだと言われた。

 

正直なところ今年の浪人でこのことを自覚し始めていた。

塾へ通ってもどうも合わない、何かが違うという状態が続き、結局宅浪をしていた。

その中で、自分がやりたいことは勉強ではなく学びなのでは、と思い、先生にずっとお会いしたかったこともあり相談してみようと思いお会いした次第だった。

 

 

 

ずっと考えていた。

 

自分の家は小さい頃から親の喧嘩が比較的多い家だった。いつからかはよく分からないが、かなり早い段階で借金の生活をしていたのだと思う。

 

浪人をしている中で、何度も何度も壁にぶつかった。

 

そもそものスタートラインの違いが大きすぎた。3年では到底埋めれそうにない。

色々な受験体験を読んでも、環境がそもそも違いすぎて真似ようにも真似ることができなかった。

 

 

 

環境に理由をつけるなんてという意見はよく聞くけれども、環境のせいでずっと留まることしかできない人が、今はとても多いように感じる。

 

 

日本は先進国と言いつつも、生まれた家庭でもう進める道が限りなく狭くなっているように感じる。

経済格差が教育格差につながっていること。先生から今勤めておられる高校はできれば行かないほうがいいと言われるような高校の片親の割合を聞いた時、これではいけないと感じた。

 

 

先生と話していても出てきたが、近世より前の時代に逆戻りしているような感じだ。

 

 

これではいけないと思った感情を、大学へ行っては自分自身の生活を保つのに必死で実現することに力が出せないと思った。

 

 

最近、プログラミングの勉強を始めた。

一度社会人になって自分の考えていることにチャレンジしてみようと思っている。

 

 

 

センター試験は申し込んでしまったので、一度最後の受験として区切りをつけようと思っている。

前期試験の前後で一人暮らしの準備をはじめよう。

 

 

 

どう転ぶかはわからないけども、せっかく得てきた感情と経験を次の世代に活かせれないかと思った。

 

 

 

 

ここ自体は、様々な学びを書き出す場所にしようと思っている。

彼は誰時の烏たちがいろんな見たこと聞いたことをお話するような感じで。