読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼は誰烏

彼は誰烏の学び場

理と四季

 

 

先日、京都大学のシンポジウムに参加してきた。

行く前に、近くにある古本屋さんでゆっくりしてようと思っていたのだけど、あいにくかなり雨がひどかったので直行することにした。

 

開催場所は棟の5Fだった。行くまでにラボがいくつかあって、西館1Fではガラス張りだったのでラボの中が見えた。(ラボだったか確かではないけど...!)

 

うおお...すげぇ...とか思いながら会場で1時間ほど待機したのち、シンポジウム開始。

 

 

内容はレベルめちゃ高...という感じで学部生などにはとてもわかりやすそうな感覚を受けた。

 

自分もわからないながらも理解しようとして、そしてかなり面白かった。

 

 

特にランダムウォークが面白く、中でも

・ランダムということはどのものにも高確率で現れるべき

・ローカルに分析すると同じ構造が見えてくる

バウンダリーがなくならないように回転数に注目する

・どれも2次元での話なので、3次元ではどうなるかがまだわからない

というあたり、とても面白く、感動していた。

 

 

1番目は、ランダムであるということを別観点からみるとつまりはこういうこと、といったような観点の転換がぶわぁと広がる感覚があった。

 

2,3番目もランダムウォークをこのシンポジウムの前日に調べて初めて知ったような域であったけれども、同じ構造が見えてくるなんて面白すぎるし、回転数に注目するあたりもわかりやすく、面白かった。

 

そしていちばんが最後のどれも2次元における話であること。3次元では話が変わってくるかもしれない、まだ解明されていないことが多い分野というのがとても興味をそそられた。

 

軸がもう一個増えることによって変化することとしないこと、とても面白そう。

 

 

他、お話はどれも面白かったのだけども、面白いの前にわからないが勝ってしまっていた状態だった。

その分野に関わっている人ならもっと面白く聴けたんだろうな、と思うとなんだかあの時間がとても惜しい気がして、もっと学びたい気持ちが反動で出てきた。

 

 

最近、引っ越しや手続きなどでゆっくりじっくり学べる時間が少なくなっていたので、4月はリズムを整えて学ぶ時間をある程度持ち、保てるようにしていこうと思う。

 

 

なんだかいま、またぽわぽわと数学について頭に浮かんでいる。

教育関係であったり、数学そのものであったりする。

 

数学に興味を持つ以前にあった、わかりっこないという感覚が、むしろよくわかるような気もしている。

 

いまでも書物を読んでいても(だめだわからん...)となるところはたくさんある。自分の理解レベルに合っているものをできるだけ選んでもほんとうに、これ何言ってるんだ...みたいなところがたくさんある。

 

けれどもそこから、それでも理解したい、知りたい、と思うようになったのは確かに、ほんとうに不思議だ。

 

 

これほどまでに厳密に議論できるものがあるんだろうか、と深く感動するところと、しかしながら偽でも真にできうる、ほんとうは全てつくりものなのかもしれない、と云うところの面白さ。他にももっともっと、魅力が詰まっているのだと思う。

 

 

昨日からずっと、理学部へ行きたいなという気持ちが強くなっている。

自分の望みでいけば、狭べずに学びたい気持ちがあるんだけども、最近読んでいた本にも何か軸を決めなければいけないことを強く書かれていて、それに感化され軸は理数系、今のところ数学の方面がいいなと感じた。

 

 

学ばねば、学ばねばと少し焦りのようなものも感じている。

もっと知りたいという気持ちがこちらに来てとても強くなっている。

 

ふわふわとした縛りのない環境というのは確かに過ごしやすくはあるのだけど、がつがつとした愚直である程度縛りのある環境の方が自分の好奇心はより育っていくのかもしれない。

 

 

 

 

先生はどの歳にも折々の四季があると仰っていた。

わたしもその通りだと思っている。

若いというものが理由にはならない。そうあるべき時には常に力を尽くしていたい。

 

先生の言葉は、覚悟なのだと感じた。